FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-03-02(Sun)

るなのHAPPY 4th BIRTHDAY!!

3月1日は娘のるなのお誕生日。
とうとう4歳になりました。

昨日はおうちでパーティーをしました。

20140302134528469.jpg

みんなから、たくさんのプレゼントをもらってとっても幸せなるなちゃん。


2014030213455089c.jpg


ばーばから、かわいいくまさんのパンが届きました。
無添加で天然酵母なのに、このかわいさ!!
もったいなくて食べれないねって思ったら、今日の朝ごはんに容赦無くバラバラになり、
ハラワタのチョコレートをほじり出して食べていました。


20140302124814013.jpg

昨日、tokoに買ってもらったかわいいワンちゃんの名前はムーンに決めたみたい。
自分で選んだから、本当に気に入ったみたい。


2014030212481701a.jpg

そして、自分からのプレゼントはお年玉で買いました。
とっても気に入っちゃって、腕からとろうとしません。

201403021301197e0.jpg

私は当日まで、時間が作れずに、本当にギリギリで、
お洋服のセットを作りました。
長女のそらには小さい頃、毎年ドレスを作ってきたけど、
今は規模縮小。
ドレスはやめて、バースディワンピース!!

201403021248192b5.jpg

るなの大好きなパンダとケーキ柄。
アンダースカート付きです。

201403021248208d7.jpg

さっそくパーティーで着てくれました。
とっても似合ってるでしょ?

20140302124817547.jpg


他には数点、普段着用に作ったよ。

お楽しみポケット付きのカットソー。

20140302124900550.jpg

かわいいうさちゃん柄のカットソー。

20140302124905282.jpg

ハート柄のガウチョパンツ。

2014030212490670c.jpg

赤いドット柄2種類使ったサルエルパンツ。

サルエルPT

サルエルパンツはかわいくできたから、
少し改良してお店にも出す予定です。
また、商品情報の方にもアップしていきます。

子供達の成長と共に、
acoustic green peace も成長していけるといいな。
そして、これからも地球の子供達に贈る、素敵なお洋服作りをしていきたいです(^-^)





スポンサーサイト
2013-11-27(Wed)

感じること。

怒涛のような三連続お祭り出店が過ぎたあと…
怒涛のような溜まっていた仕事に埋もれていました。

でも、少し余裕があるのかな。
先週、今週は、子供達と触れ合う時間も多いにありました。

そして、感じること。

朝の行ってらっしゃいの時の、そらの表情、
バスをおりてきて、ただいまの時のるなの笑顔。
キラキラって見えるの。
なぜか愛おしくて切ない気持ちになる。

そんな気持ちで、ふと街を見渡すと、
知らない小さな子が、お父さんの運転する自転車の前に乗っていて、
寒くて鼻が赤くなっている事。
風にあおられ、顔もくしゃくしゃ。
そんな子供がかわいくて、たまらない。

前は元気に自分のことをたくさん話してくれた小学生が、
ぎこちなくコンニチハって言ってきた。
時間がたつって事は変わるって事なんだね。
ちょっとだけさみしい気持ちになるのはなんでかな。

ソーイング教室に、元気に通ってくれる6歳の女の子。
将来の夢はデザイナー!
絶対応援するんだ!!
昨日は、張り切って作り始めた作品が出来上がらず、
あからさまにしょんぼり…。
「みんな一回じゃ終わらないんだから、来週また頑張って完成させようね!」って言っても、
ちっとも気分は晴れない様子。
すごい、大きな気持ちを持っている事が素敵だよ。

泣きそうな顔でやってきた…昔から知ってる近所の子。
何かあったかな?
でも、何にもいうわけないの。そういう子なの。
飲み込む強さを10歳で知っているんだね。
あなたのお母さんと同じだよ。
綺麗な気持ち、強くて優しい気持ち、全部感じるから
あなた達親子をとっても尊敬しています。

そういえば…早産で小さく小さく生まれてきたんだった…。
大好きな友達の子供、今、3才!
元気元気!
歌も踊りもおしゃべりも上手だね。
見ているだけで幸せ感じてしまったよ。
あなたを生むために、お母さんは身を切られる思いをして入院生活していたの。
本当に大変だったよね。
私、何にもできることなかった。
でも、3年後はこうなったのが、うれしいよ。
子供は自分の力で生きているんだ。

周りの愛を糧に勝手に育って行く子供達。
だから、だから、子供に与える愛をたくさん持てる人間になりたいと願う。
だって、お腹いっぱいにしてあげたいもの。
そのために生きたい。
贅沢な、私の望み。

…現実は、
怒ったり泣いたり笑ったりはしゃいだり、
人を傷つけたり、傷ついたり、
まだまだ愛を欲しがる子供みたいにわがままな私だけど、
もっともっと頑張りたいって思う気持ちを大事にしたい。




2013-05-17(Fri)

そらのバースディプレゼント!

さて、前回の長い長いacoustic storyを読んでくれた方がいましたらどうもありがとう!
どんな人にも、たくさんのstoryがあることでしょう。
acoにも、まだまだたくさんのstoryがあります。
自分の中の宝箱に保存しているいろんなstoryを、
これからはちょっとずつ文章にしていけたらいいなと思っています。

お店の商品情報なども、
いろいろ保留にしている事がたくさんありますが、
5月は自分と向き合う月と言う事にしちゃおう。


acoはそらが2歳の頃に初めて「バースディドレス」というものを作りました。
その後、毎年お誕生日、ハロウィン、クリスマス、などのイベントの時や、
普段ラフに着るワンピースまで、ずいぶんたくさんのワンピースを作ってきました。

その中の、一部、写真が見つかったものだけ、紹介したいと思います。
今、お店で販売しているバースディ&スペシャルディワンピースの原点となっています。


ディズニーのお姫様が大好きだったそらに初めて作ったのは…

そら2歳シンデレラのドレスそら3歳ミニーちゃんドレス2

シンデレラやミニーちゃんドレスでした。

その後、3歳のバースディに、

そら3歳バースディドレス

ずいぶんポッチャリさんなベルでした。
このドレスを着てくるくる踊っていたなぁ…

そらは、服を作るときの裁断カスで、酷いアレルギー発作をおこしてしまうので、
毎回、姉や実家にそらを預けてからの制作となりました。
作った後は、家中の大掃除。
特別な時、って言う名目がないとなかなか作れなかったのが残念だけど、
たまに、普段着のワンピースを作る機会もありました。

これが、お気に入りだった普段着のワンピース。

そら4歳さくらんぼのワンピース2そら4歳さくらんぼワンピース

5歳のバースディドレス。

そら5歳バースディドレス

6歳の時、姉の結婚式の時に着たドレス。

そら6歳結婚式のドレス2そら6歳結婚式のドレス

そして、6歳入学式!
初めてのスーツを、とっても可愛く着こなしてくれました。

そら6歳入園式


8歳クリスマスワンピース。
ここからが、acousticのお店で販売開始。

そら8歳クリスマスワンピース

9歳バースディワンピース。
このレトロフラワーワンピースは、去年4色展開でお店で販売。

そら9歳バースディドレス


そして、10歳は…

ワンピースやドレスはもう着たくない!と言うそらのために考えたのは、
普段着10着セット

2013そら誕生日プレゼント8JPG

毎年特別な服を…と思っていたこだわりは捨てて、
今のそらに似合う、毎日着られる服をテーマに作りました。

着てくれたけど、照れちゃってちゃんと写真を撮らせてくれません!
3歳の頃とは違うなぁ…と実感。

2013そら誕生日プレゼント着装22013そら誕生日プレゼント着装5

真顔を作ってみたものの…どうしても笑っちゃいます。
10歳は写真が苦手です。



別の日に1枚だけちゃんととれせてくれたわ!

そら誕生日プレゼント着装6

パンダキノコの看板の前でおそろいのTシャツです。
ちょっと10歳には幼いかなぁと思ったデザインですが、似合っているので良かった!


これからもっともっといろんな世界を知り、
楽しいもうれしいも悲しいも、生きた分だけ深くなるでしょう。

あなたがいつか、抱えきれない程の感情の波に飲み込まれそうになった時、
うれしくて幸せでこの世界が全部ピンク色に見えてしまった時、
胸の奥に黒い大きな塊がはいりこんでしまって、苦しくてたまらなくなってしまった時、


私にできることはなにもないけど、
ちゃんと感じて、
ちゃんと伝えて、
ちゃんと聞く、
って事をしていればどんな事でも大丈夫だと信じたい。




2013-05-10(Fri)

10年前から始まったacoustic story。

もう先々週になってしまいましたが…
5月5日は、娘のそらのお誕生日でした。

10歳なんて、とても信じられない!
生まれて10年もたったんだ。

私は妊娠がわかってから結婚しましたが、
仕事はほとんど休まず続けていました。

10年前…

妊娠中の2月15日に企画パターンナーとして勤めていた会社を辞め、
2月20日から尊敬するパターンナーの師匠リコさん(今では中国で良企画というパターン会社をやっています)の元に弟子入りして、4月末まで広尾の事務所に通い、大きなお腹で仕事を続けました。
リコさん自身が子供を生んだ時、出産の病院でも仕事を続けていた話を聞いていましたし、
妊娠している事で、仕事に制限がかかる事をとっても嫌に思っていました。

5月5日に待望の娘を出産。
5月の素敵な日に来てくれた娘に「そら」という広い広い名前を付けました。

かわいくてかわいくて、かわいすぎて夫の事が嫌いになっちゃったりもしました。
この子を守れるのは私だけだ!って。

出産後、みんなには早いと言われながらも、
5月末から自宅で外注パターンの仕事を始めました。
当時はパターンナーは立ち仕事がメイン(今はパソコン)だったので、
体がきついと感じる事もありましたが、仕事をやりつづけ、
夫婦喧嘩はしょっちゅう。

出産後はホルモンバランスが狂ったり、気持ちが以前と変わってしまう事を、
私も夫もよくわかっていなかったのです。
今まで、夫に青といっていた事を赤だというのだから、喧嘩にもなりますよね。

週2日は元働いていた会社にも通い、
その間は、母と姉にそらを見ていてもらい、
出かけて帰ってくると、赤ちゃんのそらを抱きしめてワンワン泣いてしまったりしました。

自宅で、そらと仕事の日々。
なんで、あんなに自分は1人だと思っていたのかな。。。
とにかく必死な気持ちで仕事していました。

その後、そらを保育園に入れることも考えたけど、、
生後4ヶ月の頃、粉ミルクでアナフィラキシーショックをおこした事、
アレルギー検査の数値がとっても酷かった事、
(普通の赤ちゃんがアレルギーige値10~20の平均数値の所5000というige値が出たのです。)
10ヶ月で髪の毛が全て抜け落ち、アトピーで体中傷だらけだった事、
ほとんどの食べ物に制限があった事、
喘息を起こしたら死に至るかも!と病院で言われるほどの重度のアレルギーで、
私もそらもとっても苦しい思いをしました。
仕事を1回辞めようと決心し、仕事から離れた時もありました(ほんの1ヶ月くらいでまた戻りましたが)

子育てに専念したってアレルギーが良くなるわけでもなく、
母親として不安定でガタガタの心だった私は、自分にとっての上手な生き方を探さなければ、
この世界で息をする事もできないような気持ちでした。
よく過呼吸で倒れていたのはこの頃です。
そらは、私が辛そうにしていると、ビニール袋を持ってきて私の口に押し当てる事をするようになりました。

今思うと、なんて弱い母親だったの!
子供の前で泣いたり、倒れたりするなんて、
ばかばかって思うけど、そんな自分を苦しめ続けたのは自分自身だったことを今の私はわかっています。

そらが、幼稚園に行く前の3年11ヶ月、
キラキラ輝く娘の成長は、私の心を少しづつ少しづつ
変えて行ってくれたような気がします。
私が持っている、小さな頃からの、心の傷も、不安定な心も
きれいなそらに浄化され、新しい力が沸き起こるような気持ちでした。


そら、幼稚園入園後は、人付き合いの苦手だった私が、
素敵な友達とめぐり合いました。
出産後3年11ヶ月、新しい友達はなかなかできなかった私にとって、
びっくりで、新鮮な毎日!
そんな楽しい関係を「ママ友」っていう人たちがくれたのです。
どれだけ私を助けてくれ、
どれだけ心の支えになったことか。

仕事と幼稚園、
何かとバタバタしていたけれど、なんとかやっていきました。
幼稚園では預かり保育もほとんどせず、
そらには、ずっと「お仕事」を見せてきました。
ミシンと刺繍は4歳からやり始め、
パターンのカットなども5歳になる頃にはとっても上手にでき、
休日は取引先の会社にもしょっちゅう連れて行っては、
お仕事を手伝ってくれました。

余裕のあるときは、そらに服を作って着せるのですが、
これがまた、作るのが楽しくて、着せられて喜ぶ娘もかわいくて、
いつか子ども服やりたいなぁと思うようになりました。

そらの小学校入学の頃、
妹のるなが生まれ、
夫は会社員をやめフリーで仕事をはじめ、
子供、家事、仕事、全部がごちゃ混ぜの日々がはじまりました。

OEMのお仕事の他に、テレビタレントの衣装の仕事なども入り、
赤ちゃんだったるなを抱えて、うちの中はすごいテンションで回っていました。
できると信じて、大きな仕事や、無理な納期もこなして来れたのは、
私以上に、お祭り騒ぎの大好きな夫のおかげ。
バタバタな日々も、寝不足な日々も、過ぎ去ると楽しいだけの毎日でした。

そんな日々の中、あの震災が…

2011年3月11日時計の針が止った日。

たくさんの人が、傷つき、大切なものを失った。
私たちは、改めて大切なものがある毎日の繰り返しを切なく受け止めたでしょう。

できることはまだ何もしていない!

「acoustic green peace」 のコンセプトはそんな日々の中、作っていきました。
この世界の愛も毒も
子供達は全部受け入れてくれる存在。
そんな子供達を優しく包み込む地球のような存在でいたいと願いをこめて、
お洋服作りをしています。

そして、
acousticは子供達や仲間と一緒に作り上げていく夢のお店です。
いつも誰かの心に響いていたい、
そんな気持ちで物つくりの応援をしています。

10歳になったそらが生まれた時から始まった、
私たちのストーリーはこれからもこの場所で綴らせてもらおうと思っています。

止った時計はゆっくりと動き、少しずつ前進できているのだと信じて…。


プロフィール

acoustic life

Author:acoustic life
子ども服とオーダーメイドと雑貨のお店「acoustic」です。
良かったら一度遊びに来て下さい。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。