--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-21(Thu)

OEMのお仕事。ちょっと大変な数の続きです(o^-^o)

火曜日からスタートしたインナーショートパンツのお仕事。
111着、縫って縫って、どんどんひたすら縫うだけ。
工場さんって大変だな(^_^;)
と実感するのが、今回の仕事を受けて、私にとってよかった事。
知らずに使う側にはなりたくないから、知る事って大事。

裁断は、本当に大変で、私は40着でギブアップ。
残りは、うちの男性陣に押し付けましたd(-_^)

縫製に、1着あたりかかる時間は…

ロックミシン工程 約5分

前股ぐり、後股ぐり、をそれぞれ縫い合わせ、
その後両脇を縫い、最後に股下を縫い合わせます。

GVSPT18.jpg

流れ作業で、やっていたら、こんな失敗も。。。
前パンツと後パンツを接ぐ所を、前と前、後と後で接いでしまった(;д;)
失敗の直しは、時間的にかなり痛いところ。
でも、こればかりは時間を惜しまず、丁寧に直します。

GVSPT20.jpg

裾上げ 約4分
裾周りが広めだから、結構時間かかるのね。

GVSPT13.jpg

ウエストゴム入れ 約6分

これは、慣れるまで、ちょっと6分じゃいかなかった。
ステッチをかける所に段差があるから、針目を落としてしまう失敗続出でがっくりo(;△;)o
最終的には4分くらいに縮んだけど、縫い直し含めて平均6分だったなー。

GVSPT17.jpg

仕上げプレスとまとめ 約30秒

全着のかかる時間はロス時間含め約37時間って感じでした(゚ー゚;A

でも、少しでも気を抜くと時間ってどんどん延びてゆくから、
そんな時、私はいつもタイマーやストップウォッチや砂時計を使って、
時間をキープするようにします。
だって1工程1分づつ伸びたら、111着で5時間半もオーバーする事にw|;゚ロ゚|w
昔、パターンナーとして働いていた時も、
会社で使っていました。

絶対かかる時間っていうのは、縮められないかもしれないけど、
その他の事にかかる時間を、時間がどんどん過ぎていく感覚で捉えられるから、
すごく短縮できるんです。

そんな詰め込み式で、
なんとか、完成形にヾ(〃^∇^)ノ

GVSPT21.jpg

あと少しで全着終わります。

早く帰ってビール飲みたいから、(飲んだらもうなーんにもやらない!)
完成予告と言う事で、
先にブログ更新しときました


着せてみたら…、

GVSPT22.jpg

うん。依頼どおりの形にできたと思う。
おわり(*^.^*)



スポンサーサイト
2013-02-01(Fri)

OEMのお仕事納品完了!!

1月もあっという間に終わってしまい、
acousticのお休みもあとわずか(〃'∇'〃)

お休み中、aco達は何をしていたかと言うと…

子供たちと公園!
おうちでゴロゴロ!
家族そろって夕食!(今までは週末くらいしか家族で食べれなかった)

なんて事もしていましたが、
お仕事の方も、自宅でボチボチやっておりました。

去年発注をいただいていた、OEMのお仕事の方の商品の納品が、
月末ギリギリに完了して、手持ちはすっきり片付きましたヽ(〃^-^)/

OEMのお仕事とは…
他社ブランドのお洋服を作る事です。

相手先から、デザインをいただき、
パターン~サンプル作り~修正~生地付属手配~縫製(国内工場にて)
~検品~まとめ~プレス~納品
までやらせていただきました。

いくつか紹介しますが、
現物はこちらのサンプルから修正されたのもですので、
若干写真の物とは異なります。


バックスタイルが印象的なチュニックです。
現物は、グレーとブラックの2色作りました。


7keysチュニック1


フロントは、身頃とぺプラムにタックをとってゆったりしたサイズですが、
ウエストベルトは細身に作ってあります。
メリハリのある形でとってもアーティスティック!!


後身頃には大胆にギャザーとブラウジングをとっていて、立体的です。


7keysチュニック2


1stサンプルの時ブログで紹介した、コクーンスカートです。
ベージュとブラックの2色作りました。


7keysコクーン1

ヒップの丸みを大げさにとっていて、裾の細さが際だって見えます。
そのおかげで、足が細くきれいに見えるかな?って思います(*^.^*)


7kyesコクーン3

後スカートの、フリルがとっても素敵

7keysコクーン2

横から見ると、ますます立体感が出て綺麗でしょ?
とても好きになったので、去年、自分用に1着作ってみました((^┰^))


コクーン1

ハイウエストのベルト、本当はチェックをバイヤスに取りたかったけど、
生地が足らずに残念(iДi)
この生地は、子供達のスカートを縫った残布でしたので。。。


コクーン2

生地が足らなかったのもあり、裏ぺプラムは配色で黄色の裏地を使ったので、
チラチラと黄色が見えるのです
赤でも良かったかな…。


コクーン3

もともと、セレブっぽいデザインと生地だったけど、
チェックの生地で作ったら、やっぱりかわいい!!
去年はたくさん活用しました。

ついでにご紹介しちゃいますが、
これが同じ生地で作った娘のスカートです。
1年前の写真ですので、るな1歳10ヶ月です(*^^*)


るなチェックスカートとパーカー

チェックバイヤスのセミフレアースカートと、
acoustic green peaceのハートドットパーカーを着ているるなちゃんでした
どちらも80センチです。



OEMの続きですが、
ちょっと変わったシャツのご紹介します。


GVシャツ1

着る人を想像できないようなデザインですよね。
そこがおもしろいんですけど、
デザインした人もおもしろい人なので…


後ろから見ると、けっこう普通のビックシャツ。


GVシャツ3

でも横から見ると…

GVシャツ2

おもしろいよね。
裸の上に着て欲しい…(*ノェノ)


2012-09-11(Tue)

OEMのお仕事

以前も書きましたが、acousticはOEMのお仕事もしています。
OEMとは、他社ブランドの商品を製作することです。

OEMのお仕事はブランド元のお客様から、
絵型やイメージを写真いただき、
パターンをおこし、生地や付属を発注して、
まずはサンプルを作ります。
その後サンプルから変更点がでたら、
パターン修正をして量産工場に依頼、
商品が上がったら納品しておしまいです。

さて…
今日はちょっと足の太いところが残念なacoがモデルになって紹介します((^┰^))ゞ


コクーンスカート1

ヒップに大げさな丸みをつけた、コクーンスカートです。
後ろにも大げさにフリルが付いていて、超かわいい!
高級ラインのスカートだけに、これだけかわいい形なのに、
なんだかお上品(〃'∇'〃)
まだ1stサンプルなのに、良い出来です!



コクーンスカート2



このスカートのパターンは、長年信頼をおいている、
私のパターンナー仲間の友に仕事をお願いしました。

acoがまわらない時は必ず助けてくれる、信頼できる人です。
Mちゃん、これからもどうぞ宜しくお願いします('-'*)♪


2012-07-02(Mon)

うちの頑張り屋さん。

愛用のミシンはブラザーの
ヌーベルクチュールスペシャルです!


ポッシュ

この子の名前はPOSH(ポッシュ)ちゃん。
POSHとは、「エレガントでファッショナブル」「豪華」「スマート」などの意味があります。

母校である文化服装学院に入学したときに買いました。
もう18年も使っていて、今まで、ずっと現役で動いています。

このミシンは、種類分けすると「職業用ミシン」というものになります。
家庭用ミシンを使っている方には、職業用が難しいミシンだという誤解がありますが、
どちらも、誰にでも使えるとミシンだと思います。
むしろ、職業用のほうが、作りが単純で壊れにくいので、扱いやすいと思っています。
ただ、お値段は少し高いですね。
職業用ミシンは、直線しか縫えませんが、
家庭用ミシンより、パワーがあるので、厚手でもきれいに縫えます。


家庭で一般的に使われる「家庭用ミシン」は、
電動ミシンか、電子ミシンか、コンピューターミシンの3種類あって、
釦でスタートしたり、簡単な刺繍版が内蔵されていたり、
自動糸調子かついていたり、水平釜だったりします。

ミシンの種類として、もうひとつ、
「工業用ミシン」というものがありますが、これは工場で量産するためのミシンです。
重量もあり、大きさも一畳ぶんくらいはあります。
一度置いたら、動かすのは困難ですので、家庭で使用するには向きません。
お値段も工業用よりさらに高いです。


この3種類のミシンの大きな違いは、回転数です。
家庭用の回転速度は700~1000針/分
職業用は1300~1500針/分
工業用は4200~5000針/分

あきらかに工業用ミシンの速度がダントツ速いです。
シュパーと進むから、acoも怖い!!
工場のおじさんの手は魔法の手ですよー。

近々、工場のおじさんの縫製現場を紹介しますね!








2012-04-26(Thu)

OEMのお仕事(フラミンゴとトムソンガゼル)

acousticはOEMのお仕事もやっています。
OEMとは、他社ブランドの商品を製作することです。


OEMのお仕事はブランド元のお客様から、
絵型やイメージを写真いただき、
パターンをおこし、生地や付属を発注して、
まずはサンプルを作ります。
その後サンプルから変更点がでたら、
パターン修正をして量産工場に依頼、
商品が上がったら納品しておしまいです。

でも、たまに工場のミスがおこることがあります。
先日量産したカットソーに、別ブランドのネームがついて上がってきたので、
うちで付け替えをします。

フラミンゴ2

間違いのネームを丁寧に外し、アイロンで生地の目を直し、
付け替えてたたんで完成です。

フラミンゴ3

地道な作業でした


ところで、今回のこのカットソーは、
フラミンゴやトムソンガゼルルの柄です。
ずっと見ていたら、とってもかわいく思えてきました。

この生地は、
お客様から、バックリと「シカやフラミンゴの柄の生地が欲しい」と言われ、
acousticパパさんが、絵を描き、生地屋さんに依頼して、
生地から作ったものです。

生地


ちょっと愛着があります。

フラミンゴTシャツ

acoもこれ買っちゃおう

プロフィール

acoustic life

Author:acoustic life
子ども服とオーダーメイドと雑貨のお店「acoustic」です。
良かったら一度遊びに来て下さい。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。